EMSとか低周波という言葉の意味を説明します。

 

 

まずEMSについてまとめてみましょう。

 

EMSというのはElectrical Muscle Stimulation のことです。日本語にすると「電気筋肉刺激」ということになります。EMSつまり「電気筋肉刺激」という文字そのものが意味していますが、電流で筋肉を刺激して筋肉トレーニングをするのです。

 

ふだん私たちが何か動きをするとき、筋肉は脳から命令されて運動しています。EMSの場合、脳からの命令は受けていません。脳とは関係なく電流が筋肉を動かしているのです。

 

EMSのメリットは心臓への負担を抑えて運動を続けることができる、という点です。また、関節などの負担が少ない状態で筋肉を鍛えることができるというメリットもあります。

 

 

次に低周波についてまとめてみましょう。

 

電気刺激によって人間の体の機能を整えていく効果が期待されるのが低周波です。低周波とは1秒間に何回電気刺激を与えるのかということを表しています。低周波は電気刺激の回数が少ないのです。低周波による弱い電気刺激で体に働きかけます。

 

こうした低周波の電気を体に流すと低周波の影響で筋肉が伸びたり縮んだりします。この動きによって筋肉がポンプとして働きます。筋肉が緩んでいるときは血液が送り込まれ、筋肉が緊張すると血液が送り出されるのです。このふたつの動きを繰り返すことによって血液が流れやすくなって血行が良くなります。

 

EMS、低周波といったものの働きを利用して健康機器、美容機器が作られています。美肌、痩身など、目的に合った機器を選んで利用してみてはどうでしょうか。





カテゴリー : ダイエットとボニック