ボニックの効果や使い方、口コミ、値段などの情報を解説しています。ボニックは、毎日5分のケアで理想の美ボディを作るボディメイキングマシーンです。体型に自信がない、しかも時間もないという方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • ダイエットとボニック

ダイエットとボニック

ボニックで効果がでるまでの期間は?

ボニックの効果はどのくらいの期間で出てくるのでしょうか。

 

ボニックの効果がわかるようになるまでの期間には個人差があります。参考として、ボニックで美脚をつくりあげたありしゃんのブログからボニックの効果がわかるようになった期間についての記事を紹介しましょう。

 

ありしゃんの場合、ボニックでボディケアを始めるようになってから1か月とちょっとという期間が過ぎたころ、周囲の人たちから「痩せた?」と声をかけられるようになったそうです。

 

でもそのころありしゃん自身はボニックのボディケアの効果はまだ実感していなかったそうです。自分では自分の姿を毎日見ているのでまだ効果がそれほど大きくなかったので納得できるほどの効果ではなかったのですね。

 

さらにボニックでボディケアを続けて、最初から2か月くらいの期間が過ぎると自分でも痩せたとはっきり思えるようになったということです。

 

この2か月という期間が長いか短いかは人それぞれの感じ方でちがうと思います。でもボニックの効果は数日や数週間という短い期間で実感できるものではないと考えておいたほうが良いですね。ある程度の期間、根気よくボニックのボディケアを習慣にして続けるということが大切なのではないでしょうか。

 

最初は見てわかるようなボディラインの変化はなくてもあきらめずにしばらく続けてみましょう。効果が目に見えないとなかなか努力を続けるのが大変ですが、自宅で過ごす短い時間を使ってケアできるボニックなので面倒がらずがんばってみてください。

EMSとは?低周波とは?

EMSとか低周波という言葉の意味を説明します。

 

 

まずEMSについてまとめてみましょう。

 

EMSというのはElectrical Muscle Stimulation のことです。日本語にすると「電気筋肉刺激」ということになります。EMSつまり「電気筋肉刺激」という文字そのものが意味していますが、電流で筋肉を刺激して筋肉トレーニングをするのです。

 

ふだん私たちが何か動きをするとき、筋肉は脳から命令されて運動しています。EMSの場合、脳からの命令は受けていません。脳とは関係なく電流が筋肉を動かしているのです。

 

EMSのメリットは心臓への負担を抑えて運動を続けることができる、という点です。また、関節などの負担が少ない状態で筋肉を鍛えることができるというメリットもあります。

 

 

次に低周波についてまとめてみましょう。

 

電気刺激によって人間の体の機能を整えていく効果が期待されるのが低周波です。低周波とは1秒間に何回電気刺激を与えるのかということを表しています。低周波は電気刺激の回数が少ないのです。低周波による弱い電気刺激で体に働きかけます。

 

こうした低周波の電気を体に流すと低周波の影響で筋肉が伸びたり縮んだりします。この動きによって筋肉がポンプとして働きます。筋肉が緩んでいるときは血液が送り込まれ、筋肉が緊張すると血液が送り出されるのです。このふたつの動きを繰り返すことによって血液が流れやすくなって血行が良くなります。

 

EMS、低周波といったものの働きを利用して健康機器、美容機器が作られています。美肌、痩身など、目的に合った機器を選んで利用してみてはどうでしょうか。

ダイエットとボニック

ボニックでダイエットをしましょう。ボニックのダイエットは忙しい時間をダイエットのために割かなくても大丈夫です。仕事や家事で忙しい人でも無理なくダイエットを続けられるのがボニックなのです。

 

ボニックはボディケアマシーンです。長時間ケアをする必要はありません。1日5分を目安にボニックのボディケアをすればよいのです。

 

わずかな時間でも毎日続けるのは意外にたいへんですね。でもボニックは何かをしながらできるボディケアです。一般のダイエットのイメージとはちがうと思います。ストレスのないダイエットだということができますね。ダイエットしたいと思っているのに意思が弱くてすぐ挫折してしまう方でも成功するダイエットなのです。

 

ボニックのダイエットを続ける秘訣はダイエット後の自分をはっきりイメージすることです。漠然としたイメージではなく具体的なイメージを頭のなかに思い描いてみましょう。

 

たとえば「ダイエットして3㎏痩せる」というイメージではまだ具体性が足りません。3㎏痩せた自分がどうなっているか具体的に想像します。

 

3㎏痩せたら着られる洋服を用意するのも良いかもしれません。3㎏痩せてその洋服を着こなしている自分をイメージしましょう。そのイメージを実現するためにボニックのボディケアでダイエットするのがポイントです。

 

目標が具体的なイメージであるほどダイエットをこつこつ続ける力になるのです。これまでダイエットに失敗してきた方ももう一度ボニックであらためてダイエットに挑戦してみてはどうでしょうか。

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright(c) ボニックの効果、使い方、口コミなど解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「ボニックの効果、使い方、口コミなど解説」(http://targasat.org/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。