ボニックは1秒間に100万回の超音波、1分間に最大1,800回のEMSというWパワーでボディケアをします。

 

ボニックは出力を調整することができます。ボディケアする部位によって出力を変えられるのがポイントです。

 

出力をもっとも弱いLOWにすると二の腕のケアにぴったりです。また、出力を中くらいの強さであるMIDにすれば太もも、ふくらはぎのケアに効果的です。そして一番強い出力HIGHではお腹まわりやヒップのケアがおすすめです。

 

ここで一番強い出力で行うお腹まわりとヒップのケアについてくわしく紹介しましょう。

 

 

お腹まわりの出力レベルはHIGH。使用する専用ジェルはゴルフボール2個分程度です。

 

ボニックの超音波ではおへそ周りを広くボディケアしましょう。おへそを中心に広く円を描くようにボニックを動かします。回数の目安は5回です。

 

そしてEMSではおなか周りの気になる部分にボニックをあてていきましょう。こまめに動かすのではなく、気になる部分に約30秒ずつボニックを当てたままにしてボディケアします。

 

 

次にヒップです。

 

ヒップの出力レベルはおなか周りと同じくHIGHで、専用ジェルの使用量はゴルフボール2個分です。

 

ボニックの超音波ではボニックをヒップの下から上へ動かします。ヒップを持ち上げるように動かすのがポイントです。回数の目安は左右3回ずつです。

 

そしてボニックのEMSではヒップ全体にまんべんなくあてていきます。時間の目安は約30秒です。

 

 

おなか周り、ヒップがすっきりすると理想の体型にしっかり近づいているのが実感できますね。ボニックで理想の体型を目指しましょう。





カテゴリー : ダイエットとボニック